CREATOR PICKS (クリエイターピックス)

YouTuber・アーティストを始めとする全てのジャンルのクリエイターの情報を発信するメディア

仮面マン君🤗(かめきち)とは?インタビュー

今回はTikTokフォロワー約64万人&YouTubeチャンネル登録者数約7000人!

得意な編集で面白おかしい動画を投稿している仮面マン君🤗(かめきち)さんがCREATOR PICKS(クリエイターピックス)のインタビューに応じ、SNSでの発信活動を始めたきっかけやYouTubeでの活動についてなどを語ってくれました。

仮面マン君🤗(かめきち)とは?

@kamenmankun

これ写輪眼使えてる?🤗IB:@suzu_08190 ##TikTok流行語大賞 ##ノーマルカメラ ##写輪眼 ##fyp

♬ オリジナル楽曲 – suzu
@kamenmankun

他に対処法あれば教えてください🥺 ##tiktokオーディション2021 ##オリジナルネタ部門 ##検証

♬ Mela! – 緑黄色社会

こちらのような、高い編集技術を生かした面白おかしい動画や検証動画などを投稿しているクリエイターです。

YouTubeでは「ぽんぽこたろー」というチャンネルでちぃた(あおいちひろ)さんとカップルコーデ紹介やドッキリなどの動画を投稿しています。

仮面マン君🤗(かめきち)インタビュー

今回は仮面マン君🤗(かめきち)さんにSNSを始めたきっかけや、TikTokの動画でこだわってることなどをインタビューしていきます!

現在の活動・SNSでの動画投稿を始めたきっかけ

今は具体的にどのような活動を行なっていますか?

仮面マン君:TikTokとYouTubeに動画を投稿しています。

動画投稿を始めたのはTikTokが最初ですか?

仮面マン君:そうですね。TikTokで動画の投稿を始めた後に、YouTubeで個人チャンネルを開設して動画投稿をしていたんですけど、YouTubeの方はなかなか伸びなくて。

水溜りボンドさんの企画のABEMAの番組に出させて頂いて、そこからコンビを組んで今は2人でYouTubeに動画を投稿しています。

TikTokは個人でやっています。

TikTokで動画を投稿したのはいつ頃からですか?

仮面マン君:3年半くらい前です。

TikTokでの動画投稿を始めようと思ったきっかけや経緯はありますか?

仮面マン君:元々、SNSで動画を投稿することに興味がありました。

ただ、ネット上に顔を出すのに抵抗はあったので、始めの頃は仮面をつけて動画を投稿していました。

仮面マン君という名前もそこから来ています。

その頃はどのような動画を投稿していましたか?

仮面マン君:最初の頃は踊ったり、軽く動画を編集したりしたものを投稿していました。

普通にやるんじゃなくて、ちょっと人と違って面白くっていう部分は今も昔も心がけています。

仮面を外すことになったきっかけなどはありますか?

仮面マン君:仮面を着けていると元々の顔が分からなくて、TikTok上だと仲が良くても実際に会うと誰か分かってもらえないということがあって、外でも仮面を着けているのは厳しいなと思って外しました。

あとはオフ会とかもやっていて、仮面を着けていると怖がられてしまうこともありました。

仮面を着けていた理由の1つに友達にバレたくないっていうものあったんですけど、その時にはフォロワー数も結構いて、ここでバレてももう恥ずかしくないなっていう気持ちもありました。

TikTokでの活動について

TikTokはどのくらいの頻度で投稿していますか?

仮面マン君:気持ち的には毎日投稿したいんですけど、周りの動画のクオリティーも上がっていて、パッと出してバズることも難しくなってきているので、しっかり考えて出すとなると、今は週に4本くらいしか出せてないのが現状です。

TikTokをやっていて1番大変なことは何ですか?

仮面マン君:ネタ探しが1番大変ですね。

TikTokはトレンドがあるので、そのトレンドに乗っかって自分がどれだけ面白いことができるか、編集を使えるかみたいなところは難しいです。

流行っていても、自分が手を出せないジャンルだったということもあります。

オリジナルでいけたら良いんですけど、自分がオリジナルで面白い動画を出してもトレンドに乗っていなかったらバズりにくいので、そこを考えるのが大変です。

TikTokをやっていて良かったなと思うことはありますか?

仮面マン君:色々な貴重な体験ができたり、自分の好きな有名人に会えたり、悪かったことはないかなって思います。
大学生らしい生活は正直できていないですけど、何かを得るためには何かを犠牲にしないといけないっていうことを実感しました。

動画に対するこだわりなどはありますか?

仮面マン君:コメントをしたくなるように、コメント欄が盛り上がるように、動画にツッコミどころを入れるようには心がけています。


あとは、動画を作るときは誰にも思い浮かばなかった発想であったり、動画の編集の仕方で「すごい!」と思ってもらえるように動画を作っています。そのためにも、日々独学で動画編集のことを勉強して、スキルを身につけています。

一番心掛けていることは、自分が納得していない動画は完成しても投稿しないことです。

動画1本を作るのに、どのくらいの時間がかかりますか?

仮面マン君:編集する動画は短くて1時間、長くて6~8時間くらいかかるので、2日に分けて編集することもあります。

パッと撮ってすぐに投稿することもあるので、動画によります。

クリエイター活動の大変さ

学生とクリエイターの両立は大変ですか?

仮面マン君:僕は大学1年生の時にTikTokを始めたんですけど、その時は遊ぶ時間はほとんどなくて、電車でも編集して、家で撮影・編集してっていう繰り返しでした。

遊びを優先することなく、動画の制作に集中できた理由は何ですか?

仮面マン君:TikTokを見ているとみんな頑張っていて、仲良い人達も毎日投稿していたので、負けないように自分も動画出していかないとなっていう気持ちがありました。

クリエイターとして活動する際に、憧れとしているクリエイターの方はいましたか?

仮面マン君:憧れでいうと、水溜りボンドのカンタさんです。

YouTubeも前から見ていて、編集でも自分のこだわりを持っていたり、新しいことに挑戦したりする姿勢が自分にも似ているなと思って尊敬しています。

TikTokを始める前と始めた後での、大変さのギャップのようなものは感じましたか?

仮面マン君:大変だったんですけど、まあそうだろうなって感じですね。(笑)

続けることって本当に大変だと感じますし、有名な方達はもっと裏で頑張っているんだろうなって思います。

YouTubeでの活動について

ちぃたさんとの出会いはどこですか?

仮面マン君:出会いは水溜りボンドさんの『青春動画荘』というABEMAの番組です。ソロのYouTuber・TikTokerが出演して良い相方を見つけるっていう番組で、まずはお試しでコンビを組んでみて、「相方になってください」という告白で実際にコンビを組んで、最終的にコンビを続けるかを選択するっていう流れでした。

そこで僕たちは最後の”続けるか””続けないか”の選択で、続ける選択を取ったのでコンビを組むことになりました。

憧れの水溜りボンドさんに会うことができて、どのような気持ちでしたか?

仮面マン君:会えるとも思ってなかったですし、水溜りボンドさんから直々にアドバイスを頂いたり、相談させてもらったりしたので嬉しかったです。

憧れている方にアドバイスを頂けたおかげで、コンビを組む決心ができました。

YouTubeはどのくらいの頻度で投稿していますか?

仮面マン君:今は1週間に最低でも長い動画を2本、ショート動画を3本を出せる時に出しています。

チャンネル名” ぽんぽこたろー” の由来は何ですか?

仮面マン君:お互い雰囲気や性格も似ていて、どちらかと言えばほんわかしたイメージなので、「ぱぴぷぺぽとかが入っていたら良いね」っていう風になって色々出し合った結果、”ぽんぽこたろー”になりました。

チャンネル名は番組中に決まって、そこからずっと使っています。

YouTubeでの目標はありますか?

仮面マン君:とりあえずの目標は、チャンネルを開設して3ヶ月で登録者数が1万人です。今は2ヶ月ちょっとで登録者数が7200人くらいなので、残りの1ヶ月弱で1万人いこうって頑張っています。

お2人とも個人のSNSで活動しながら、ぽんぽこたろーでも活動しているのですよね?

仮面マン君:そうですね。各自でやっていた活動はそのまま続けながらやっています。

相方はバンドマンをやりながら、個人のYouTubeチャンネルの「パンの耳チャンネル」もやりながら、ぽんぽこたろーもやっています。

今はSNSでライブ配信などもしていますか?

仮面マン君:不定期なんですけど、TikTokライブやインスタライブをたまにしています。

ぽんぽこたろーとして活動している上で、目標にしているYouTuberやこういうチャンネルにしたいというのはありますか?

仮面マン君:水溜りボンドさんのようにみんなから愛されて、安心して観てられるチャンネルにしたいですね。

「パオパオチャンネルさんみたい」と言われることもあるので、パオパオチャンネルさんも目標にしています。

アドバイス・最後にひとこと

「インフルエンサーになりたい」と思っていてもなかなか一歩踏み出せていない方々に向けて、アドバイスがあればお願いします!

仮面マン君:僕も最初投稿した時は仮面を着けていたように、顔出さなくても活動できると思うので、どういう形であれ最初の1歩が1番大事なのかなと思います。

始めることができれば、次は継続することが一番大事だと思います。僕も誰にも負けないように頑張るので一緒に頑張りましょう!

最後にCRAETOR PICKSを見ている方々にひとことお願いします!

仮面マン君:TikTokは自分の技術や発想を中心に発信していて、YouTubeは自分を出していくってことをしていて、どちらもキャラが違うと思うんですけど、両方見てくれたら嬉しいです!

個人のTikTokでもちぃたさんとのぽんぽこたろーのチャンネルでも活躍している仮面マン君。

遊ぶ時間もなく、電車でも編集して、家で撮影・編集の繰り返しをして活動していたのは驚きでした。

ぜひ、TikTokもYouTubeもチェックしてみてください!

TikTokはこちら→仮面マン君🤗(かめきち)

@kamenmankun

共有👉🏻LINEの1番目の人は99%異性ってほんと?🤔 ##asakusa ##japan ##fyp

♬ STAY – The Kid LAROI & Justin Bieber

YouTubeはこちら→ぽんぽこたろー

インスタグラムはこちら

仮面マン君🤗【かめきち@ぽんぽこたろー】

あおいちひろ

ぽんぽこたろー

Twitterはこちら

仮面マン君🤗(かめきち)

あおいちひろ

ぽんぽこたろー