CREATOR PICKS (クリエイターピックス)

YouTuber・アーティストを始めとする全てのジャンルのクリエイターの情報を発信するメディア

ニューポテトパーティーとは?インタビュー!

今回はYouTubeチャンネル登録者数約22万人!

「親友同士で本気で遊ぶ!」をコンセプトに検証動画や2ch再現ドラマなどを投稿しているニューポテトパーティーさんがCREATOR PICKS(クリエイターピックス)のインタビューに応じ、SNSでの発信活動を始めたきっかけやYouTubeでの活動についてなどを語ってくれました。

ニューポテトパーティーとは?

ニューポテトパーティーとはヨウスケさんとショウタさんの2人組YouTuberで、こちらのような面白い再現ドラマや検証、ドッキリなどを投稿しています。

コメント欄では「なんでこんな企画思いつくかマジ分からん、クソおもろいwww」や「企画力流石すぎです!」などのコメントが寄せられています。

ニューポテトパーティーインタビュー

今回はニューポテトパーティーのお2人にSNSを始めたきっかけや、ギャグや企画はどのように考えているかなどをインタビューしていきます!

現在の活動・SNSでの動画投稿を始めたきっかけ

現在は具体的にどのような活動を行なっていますか?

ヨウスケ:主にYouTubeを中心として活動しています。企画の動画を作ったりとか、コントの動画を作ったりとマルチクリエイターとして活動させていただいています。

YouTubeでの動画投稿を始めたきっかけは何ですか?

ヨウスケ:僕たちは高校1年生からの仲なんですけど、大学2年生の時に、相方のショウタの方から「YouTubeやらないか」と誘われました。僕は音大でショウタは美大だったんですけど、僕は音楽の勉強や教職を取るための勉強で忙しく、時間的に厳しいってことで1度断りました。

僕は大学を卒業した後、音楽の道に進もうとしていたんですけど、色々あって音楽ではない方法でより多くの人を喜ばせるようなことができないかと考えていました。その時にYouTubeをやりたいなと思い始めて、以前に誘ってくれたショウタに改めて「YouTubeをやりたいんだけど、今からでも間に合うかい?」と聞いたら「いいよ」と言ってくれたので、YouTubeを始めました。

最初、ショウタさんがヨウスケさんに「YouTubeをやらないか?」と提案した理由は何でしたか?

ショウタ:あんまり深い理由はないんですけど、当時YouTubeが少し話題になっていたというか、新しく始める人が増えていた時期でした。自分もYouTubeが好きで視聴者として見ていたので、遊びでも誰かとできたら面白いなと思ってヨウスケを誘いました。

大学の友達と始めることも考えたんですけど、しっかりやってくれるとなると、よく知っている友達の方が良いなと思いました。

大学は別々でもよく会っていたりコミュニケーションを取っていたりしていたのですか?

ショウタ:あんまり会っていなかったですね。

ヨウスケ:大学1年生の時は2~3ヶ月に1回くらい会っていて、それ以降の大学2~4年生の時は年に1回会うか会わないかくらいでしたね。

ヨウスケさんの方から改めて「YouTubeをやらないか」と誘われた時のショウタさんの心境はいかがでしたか?

ショウタ:やっと来たかという感じでした。(笑)

待っていたかというか、ずっとYouTubeをやってみたかったので「やるか」っていう気持ちでした。

そんなにびっくりはしなかったです。

YouTubeを始めるにあたって抵抗などはありませんでしたか?

ショウタ:抵抗はなかったですね。

僕たちがYouTubeを始めた時は、同じようにYouTubeを始める人も多くて、それこそ失敗している人たちもいました。

なので、初心者だけどクオリティの高いものを投稿したいなっていう気持ちがあって、YouTubeの活動を裏で始めてから1本目を投稿するまでに時間はかかりました。

今はどのくらいの頻度で投稿していますか?

ヨウスケ:メイン動画は水金土日の週4本投稿しています。空いている日はYouTube Shortsを投稿するようにしています。

YouTubeの活動で大変なこと・やっていて良かったと思うこと

YouTubeでの活動の中で大変だなと思うことはありますか?

ヨウスケ:肉体的な方で言うと、週末にメインの動画を固めているので、特に週末は編集などで寝る時間がなくなってしまうことですね。

編集もクオリティを下げずに自分の納得するまでやりたいタイプなので、9時投稿のギリギリまで編集することもあって、終わったらTikTokを撮影して、次の日の撮影の準備をして。

こんな感じで基本的に時間に追われながらやっていて、寝る時間もYouTube始める前と比べて3分の1くらいは減りましたね。

ショウタくんはどうですか?

ショウタ:精神的な面で強いていうなら、今もその状態何ですけど、動画のストックが作れていなくて何か問題が起きた時に動画を投稿できなくなるかもしれないっていう状況の時は結構追い詰められますね。

YouTubeをやっていて良かったことはありますか?

ショウタ:楽しいですね。お金も稼げて生活できるし、嬉しいです。(笑)

あとは昔から見てくれている人や、有名なYouTuberさんに会える時はやっていて良かったなと思います。

ヨウスケ:個人的には4つあるかなって思います。

1番は楽しいこと。仕事ではあるんですけど、半分くらい友達と遊んでいるというか、そんな感覚で活動できているっていう他の仕事にはない楽しさがあります。

2つ目が社会的リソースですかね。色んな人に「面白かったよ」とか「楽しそうで良いね」って褒めてもらったり、認められていくのが良いですね。

3つ目がお金が入ってくるっていう金銭的リソースで、4つ目がショウタも言っていたように色んな人に会えるっていうことですね。

大きく分けるとこの4つかなって思います。

企画が思いつかなくて投稿が遅れてしまいそうになることもありますか?

ショウタ:結局は何か思いつくので、何の問題がなければ普通に投稿できると思います。

ストックがない分、体調を崩したりっていうちょっとしたことで投稿が間に合わない可能性はありますね。

企画はどのように考えている?

企画はどのように考えていますか?

ヨウスケ:2人でそれぞれ完成した企画を持ってくることもあるんですけど、大半はまだ動画にするにはっていうレベルのものを持ってきて、2人で話し合って1本の動画を作ることが多いです。

2ちゃんねる再現ドラマや吹奏楽部あるあるなどが特に人気だと思うのですが、どのようにして生まれましたか?

ヨウスケ:2ちゃんねる再現ドラマは、実は僕がTikTokで始めたコンテンツなんですよ。

YouTubeを始めようって言ってから実際に1本目を投稿するまでに、結構時間が空いていて。

その間はどのような企画をするのか、機材は何を使うかなどの下準備をしていて、その時に自分は全く編集ができなかったので、何か動画投稿に対してできないかという考えでTikTokを始めました。

最初はしょうもない動画を投稿していたんですけど、子供の頃から好きで見ていた2ちゃんねるの面白い話の内容をパクって投稿しちゃえと思ってやってみたら、めちゃくちゃバズったんですよ。

最初は「あ〜バズったわ」くらいにしか思っていなかったんですけど、後から思い返してみると「これすごい良いんじゃないか」と感じて。

いかに話をドラマに昇華させるかっていうところは色々改善点があったと思うんですけど、面白い話はたくさんあるのでネタ切れもしないし、2ちゃんねるの流行りが過ぎて今の子達は知らないだろうし、面白い話を風化させないっていう意味でも良いんじゃないかなと思っていました。

その後、YouTube Shortsに載せたら動画が伸びたので、今も続けているっていう感じです。

吹奏楽部あるあるはどのようにして生まれましたか?

ヨウスケ:僕ら2人とも吹奏楽部出身なんですよ。2ちゃんねる再現ドラマは僕が1人でやっているから、ニューポテトパーティーとして何かできるものないかなって考えた時に、「最近部活あるあるとか学校あるあるが流行っているし、俺らは吹奏楽部のあるあるコント作ってみようぜ」ってことで始めました。

脚本も2人で考えているのですか?

ヨウスケ:そうですね。吹奏楽部あるあるは、脚本ていうよりかは「こういうあるあるがあるよね。」って話して、「こういう感じにしようか」って少し打ち合わせしたらもうカメラを回してアドリブで終わらせることが多いですね。大枠だけ決めておいて、細かいセリフはアドリブでやっています。

YouTubeを始める上でのアドバイスなどはありますか?

ショウタ:何でもやっぱ動画を投稿するしかないですよね。僕らも運が良かったと思う面が多いので、みんな言っていることですけど、やってみるしかないと思います。

あとはどれだけ客観的な目で見れるかですかね。自己満で投稿しているだけでは、自分たちは良いなと思っていても周りから見たらしょうもない動画になってしまうので、客観視する力は必要だと思います。

ヨウスケ:僕の方からは半分くらい同じなんですけど、とりあえずやってみることと諦めないことの2択かなと思います。僕も大学時代にふざけて撮った動画を投稿したりしてとりあえず投稿することをルールにしてやっていました。

何がバズるか分からない時代だったので、もしかしたらバズるかも知れないっていう希望を持ち続けてとりあえずやるっていうことが1つです。

もう1つはバズらなくても諦めないことですね。「今日もバズんなかったか、はいはい」みたいな。(笑)

じゃあ次は何やろうかなって感じで、やってダメだったら他の事を試す、諦めないっていうことをしていく。

その中でセンスを磨いていったり、人のものを盗んでいったりした結果、いつか誰かに見てもらえて認められる日が来るかもしれないよっていうところだと思います。

今後の目標・最後にひとこと

今後の目標はありますか?

ショウタ:今の時代はチャンネル登録者数100万人からやっと認められる感があるので、まずはチャンネル登録者数100万人は絶対いきたいですね。

CREATOR PICKSを見ている方々にひとことお願いします!

ヨウスケ・ショウタ:チャンネル登録と、動画を見てくれてもし良かったらグッドボタンお願いします。

それではまた次回の動画でお会いしましょう!(笑)

どうやって企画を考えているのかなど、YouTubeやTikTokでは知ることのできない内容も語っていただきました!

チャンネル登録者数100万人を目標にしているということなので、今後にも期待ですね!

ヨウスケさんのインスタグラムはこちら→ヨウスケ【ニューポテトパーティー🍟】

ショウタさんのインスタグラムはこちら→ショウタ【ニューポテトパーティー🍟】

ニューポテトパーティのTwitterはこちら→【公式】ニューポテトパーティー🍟