CREATOR PICKS (クリエイターピックス)

YouTuber・アーティストを始めとする全てのジャンルのクリエイターの情報を発信するメディア

はじめしゃちょー、HIKAKINにチャンネル登録者数を抜かれるも?!

HIKAKINにチャンネル登録者数を抜かれる

YouTuber・はじめしゃちょーさんが、「ヒカキンさんにチャンネル登録者数抜かれました。」を6月28日に公開し、様々な胸に秘めた思いや今後の目標などについて話しました。

YouTuber・HIKAKIN(ヒカキン)さんにチャンネル登録者数を抜かれ、日本国内4位になったことを明かしました。

また、活動を始めたころにはHIKAKINさんのチャンネル登録者数を目指して活動していてましたが、頂点を獲ったことで目標を見失った上で、追われる側として最前線を走り続けなければならないことにプレッシャーを感じていたと動画で発言しました。

はじめしゃちょーさんは日本のYouTube界の最前線を走りながらも、常に今人気が急上昇している「コムドット」さんや「東海オンエア」さんの事は気にかけていたようです。

200万人達成の動画
500万人達成記念の企画

2016年3月にHIKAKINさんの「HIKAKIN TV」を抜き、YouTubeのチャンネル登録者数で日本一の座に君臨したはじめしゃちょーさん。

しかし2020年8月、「キッズライン(ハート)Kids Line」(執筆現在チャンネル登録者数非公開、直前の登録者数は1230万人)に追い抜かれていたことが判明し、2位になったことを報告。

そして、同年11月には「せんももあいしーCh」(執筆現在チャンネル登録者数1010万人)にも抜かれたことも動画にしていました。

今の心境、今後の目標

「追いかけられるより追いかけたい」
動画内で、同じYouTuber事務所・UUUMに所属するHIKAKINさんにチャンネル登録者数を抜かれたことについて、複雑な心境であることを告白。

ライバルという意味でも、恩師、目標という意味でも、一時的にチャンネル登録者数を抜かされて悔しい気持ちや、また追う側となってプレッシャーから解放された安心する気持ちがあるのでしょう。

動画ではHIKAKINさんとの電話で、「1000万人を目指して頑張っていこう」と互いの次なる目標を確認。その後「正直1位は柄に合わない、HIKAKINさんをまた追いかけていきたい」と、はじめしゃちょーさんは決意を新たにしています。

またもや逆転?!

そして、本日(6/29)に公開されたのはなんと「5年ぶりにチャンネル登録者日本一だと思ったら半日ではじめしゃちょーに抜かれましたwww」という動画です。

はじめしゃちょーの動画が急上昇1位になり、チャンネル登録者がふえたことで、また元の順位に戻ったということをHIKAKINさんが動画で面白く話しています。

このように、師弟関係に近い形でありながら、ライバルでもあるような二人の関係をこれからも見ていきたいですね!

では~~