CREATOR PICKS (クリエイターピックス)

YouTuber・アーティストを始めとする全てのジャンルのクリエイターの情報を発信するメディア

えびすじゃっぷの吸ってるCBDリッチルとは?[合法大麻?チルって何?]

えびすじゃっぷってどんなYoutuber?

えびすじゃっぷは、「即日お持ち帰りチャレンジ企画」や「Tinder検証」、「スコラー」などで話題となり、大人気の高学歴イケメン三人組Youtuber。メンバーはフジ、森山、けすの三人です。

現在チャンネル登録者数は44万人。1ヶ月で登録者数が100倍になるほど、破竹の勢いで人気になっているYouTuber。最近はアパレルブランド「andchill」を創設しました。

今回はそんなえびすじゃっぷが公式アンバサダーを務めるCBDベイプのRichill(リッチル)についてと、そもそもチルとは何なのかをまとめていきます。

Vlogやお持ち帰りのエンディング!えびすじゃっぷのBGMまとめ

えびすじゃっぷの吸ってるCBDリッチルとは?

そもそもchill(チル)って何なの??

chillの語源

chillとはまったりする、くつろぐ、落ち着くを意味した言葉で今若者の間で頻繁に使われる言葉です。

もともと、アメリカhiphopのジャンルであったchill outが由来です。

チルアウトとはダウンテンポでゆったりとした曲のことをさします。

まったりするなどといった現代の意味の前はchillは、冷える、寒くなるなど気候のことを指す言葉でした。

アップテンポの曲が多かったhiphopシーンにダウンテンポの曲が生まれたことからchillという言葉が使われていきました。

また、イギリスのTHE KLFの出したアルバム「chill out」によってもchillというジャンルの文化は広がりました。

なぜ今chillが流行ってる?

いま10代〜20代前半の若者にchillすることが流行っていますがなぜなのでしょうか。

理由は大きく分けて2つあります。

1つ目はゆとり世代に比べて競争社会である事です。

今の若者の世代は、ほとんどの人が進学のために学習塾に通い、就活のために大学2.3年生から不安を元に何かしらの活動を始めています。

そんな不安に対する疲れがchillして休みたいという感情を生み出しています。

若い人たちの考えは仕事よりもプライベートを大切に思い、仕事で結果を出したいという考えを持つ人が少なくなっています。

表面上で友達と遊んで稼いでるYouTuberや友達と好きなことをやって作品を出すラッパーなどに憧れている若者も多くいます。

二つ目の理由はSNSやネットに対する疲れです。

インスタグラムでは映えてる写真を投稿しないといけないという風潮がありますが、1日で消えるストーリーなら何も考えずに投稿する事ができます。

今の若者は投稿を滅多にしないがストーリーを沢山あげる若者が多くいますが、これも映えて無くてはいけないと言う圧迫感に対する疲れでしょう。

この疲れなどから自然と日常を楽しむことや、まったりするといった風潮に流れています。

最近ではCBDだけでなく若者の間でシーシャもブームになっています。

で、Richillってなに??

Richill(リッチル)とはリッチにチルするための商品になっていて
CBDベイプでポッド式で交換できる電子タバコになります。

CBDってどんな成分?

CBDは国内でよく合法の大麻、合法のマリファナと表現される事があります。

大麻には主にCBDとTHC2つの成分があります。

THCとは、テトラヒドロカンナビノールのことを指し世間でいうハイになるといった精神作用の効果があり日本国内では法律で禁止されています。

一方CBDとはカンナビジオールを指し、国内でも合法の成分です。免疫調整や感情抑制など健康にプラスの効果をもたらします。

実際国内でも多くの人がCBDを利用しており、
不眠、ストレス、鬱が解消したと発言してる人がいます。

Richillデバイス

デバイスは中国のポッド式タイプの中でシェア率2位のYOOZを扱っています。

タイプCで充電する事ができ、大きさも手のひらサイズなので持ち運びがしやすくなっています。

リッチルからはブラック、グレー、シルバーの3色が発売されています。

Richillフレイバー(味)

  • 黒糖抹茶
  • 赤紫蘇
  • 柚子マロン
  • 巨峰
  • ミルク金時
  • かぼすだち
  • マンゴーココナッツ
  • マスカットティー
  • いちご練乳

以上の9種類になります

詳しくはこちらをご覧ください。

えびすじゃっぷ CBDリッチルまとめ

今回はチルについてとリッチルについてまとめていきました。

皆さんも友人とリッチルで贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか

今回はここまでです。

では〜〜