CREATOR PICKS (クリエイターピックス)

YouTuber・アーティストを始めとする全てのジャンルのクリエイターの情報を発信するメディア

ファンを愛するクリエイター。MEGAくんインタビュー!

今回はTikTokで人気急上昇中のMEGAくんがCREATOR PICKS(クリエイターピックス)のインタビューに応じてくださり、TikTokを始めるまでについて、現在の活動について語ってくれました。

MEGAくんとは

TikTokでファンからリクエストされたネームアートやイラストを投稿しており、クオリティーの高さと独特な絵の構成、ファンとの親密関係性から人気・注目を集めてるクリエイターです。

各SNSリンクはこちら

クリエイターMEGAくん独占インタビュー

今回はMEGAくんがTikTokを始めるまでについてや現在の活動などについてインタビューしていきます。

TikTokを始めるまでは?始めたきっかけは?

TikTokやInstagramで投稿されている絵のクオリティーが非常に高いと思うのですが、昔からイラストは描いていたのですか?

MEGAくん:もともとイラストはそんな好きでは無かったので描いてませんでした。なのでTikTok始めてから本気でイラストを描き始めました。だから去年の12月の半ばくらいからですね。

そうなんですか。それまではどんなことをやっていたのですか?

MEGAくん:実は芸術大学出身でしてイラストとは少し違ったデザインなんかを仕事としてました。

小さい頃はによく絵を描いたりしていましたか?

MEGAくん:小さい頃から趣味で絵は描いていましたね。その頃、俺は周りより絵が上手いと思ってました(笑)
だから自分の得意なことを仕事にしたいなと漠然とした夢があって、中学生の時に自分の描くものとか表現するもので飯食っていきたいと本格的に思い始めました。

なぜTikTokなどのSNSでの発信を始めようと思いましたか?

MEGAくん:元々TikTokはやりたいと思っていて、SNSがどういうものかを知りたかったのでInstagramやTwitterなど同時に始めましたね。

どんなコメントが採用されやすい?一番気に入ってるイラストは?
現在のTikTokでの活動について

最初はネームアートの投稿をされていましたよね?

MEGAくん:そうですね。当時TikTokなどでラップが流行っていて、グラフィティーアートが刺さると思いました。そこからコメント欄とかで名前を募って僕がファンの方にプレゼントするっていうルーティンができましたね。

確かにラップとの相性はいいですよね。音源もHipHopの楽曲のサンプリングもとを使われていますよね?

MEGAくん:そうですね。僕が好きなんで(笑)この曲聴いたら僕の声が思い浮かぶような洗脳をかけていきたいと思っています。TikTokをコンテンツ化するって要はそういうことかなとも思いますね。

洗脳されているファンの方も多いと思います(笑)
ある時期を境に、ネームアートからキャラクターのイラストへと変わって行きましたよね?これって何かきっかけとかってあるんですか?

MEGAくん:きっかけがちゃんとあるんですよ(笑)
途中で、まなみさんって方から「やんちゃなアリスでまなみって描いてください」ってコメントが来て、今までのコメントと切り口が変わっていて面白いと思いキャラクターと名前を書いていきました。
そしたらアリスの「ん?タイマンはる??」がバズって自然とイラストになって行きましたね笑笑

絶対アリスは言わなそうですもんね(笑)
最近のTikTokの投稿だと漫画のキャラクターのイラストが多いですが漫画が好きだからですか?

MEGAくん:いや漫画自体は特別好きってわけではないです(笑)
だけどファンの方のちょけてるコメントを見て楽しみながらいつも書いています。

コメント欄は面白い人が多いですよね(笑)
TikTokでは頻繁にイラストの投稿をしていると思うのですが、どのくらいのペースでイラストを描いているんですか?

MEGAくん:今は二日に一回のペースでイラストを描いています。でも二日に一回ライブ配信をしているので毎日TikTokに携わっています(笑)

イラストを描いて投稿するまではどのくらい時間がかかりますか?

MEGAくん:初期に書いていたネームアートは20分くらいだったので1日に3本投稿とかできてたんですけど、今のイラストは構成からアフレコまでで2時間くらいかかってます。

現在TikTokなどでもイラストを投稿してる人が増えていて、気になってる人も多いと思う質問なのですが、MEGAくんさんはそんな道具・機材で絵を描かれていますか?

MEGAくん:僕は「iPad Proの11インチ」、「最新のApple pencil」を使っていて、制作アプリは「Procreate」を使用しています。この三つさえあれば僕の絵は全部できます。「Procreate」は本当におすすめでクリエイターは全員持ってると思います。これ使い始めるとイラストレーターは、クリエイティブ人生変わります(笑)

TikTok以外でもイラストは描きますか?

MEGAくん:あんま書いてないですね。絵が嫌いってのはそんな変わってなくて、描きたいものしか描かないです。
今僕のTikTokが続いてるのはコメント欄から僕が描きたいと思ったものしか描いてないからで、絵が上手くなってるのはファンのみんなのおかげです。本当に、やらせてもらっているっていう気持ちです(笑)

自分のリクエストも採用して欲しいと沢山のファンからコメントが来てると思うのですが、どうやったら採用してくれますか?

MEGAくん:リアルな感じだと自分のコメントにサブ垢たくさん作っていいねたくさんすることですね。そしたらコメントが上に来て発見しやすいです。それでコメントが面白かったら描きます(笑)。
最近だとシンプルでまとまってってキャッチーなのがいいですね。僕が動画の最初にコメントを読み上げただけで面白いのがいいです。構成などは、はなんでもいいでね。なんでも描けるので(笑)

インスタ、SNS、TikTokに投稿したイラストで自身一番気に入ってる絵はありますか?

MEGAくん:別の世界線のキャラとコラボしてるコメントですね。例えばドラゴンボールですと、ドラゴンボールのキャラだけで完結してるのではなく、ドラえもんと一緒に描いたり、絶対に見れないようなリクエストはわくわくして好きです。そんなリクエストをみんなに頑張って欲しいです(笑)

MEGA MADE IN FAMILIYについて

MEGA MADE IN FAMILIYができた由来やコンセプトはなんでしょうか。

MEGAくん:できた経緯はT僕はクリエイターなのでTikTokde動画だけ楽しんでもらうわけにはいかず、もっといろんなものを作りたいっと言った欲望が止められなかったなので始めました。
コンセプトは、「MADE IN FAMILIY」って日本語に訳すと「家族で作る」って意味じゃないですか。TikTokLiveなどで仲良くなったファンと距離が近い交流をしててファン全員のことが好きなんですよ。だからみんなと一緒に作っていきたくて、それで、実際にTikTokLiveでは100人の名前を集めて、デザインにして販売するといった企画をしました。イラストのキャラなんかにも来させてプロモーションしてました。「MEGA MADE IN FAMILIY」は、みんなのためのブランドです。

MEGA MADE IN FAMILIYのロゴの意味を教えていただいてもいいでしょうか。

MEGAくん:これは少しコアな表現なんですけど、ネームアートを描いていた時に、「愛のダクダク」って読んでる、溶け出す表現をよくやってたんですよ。なのでハートをダクダクにして、心が動かされるような表現をしてます。また僕自身がよく笑うからニコちゃんにして、目のところはメガくんにちなんで眼鏡にしています。昔から知ってるコアなファンは愛のダクダク知ってると思います(笑)

MEGA MADE IN FAMILIYのショップはこちら

汚染品TVと言った活動もしていますが、どのような活動内容ですか?

MEGAくん:会社で働いて、全員が個人事業主で全員集まってコンテンツやサービスを開発していて、その中で僕はクリエイティブディレクターをしています。生み出してるもの全ての見た目やビジュアルなどを担当していて、みんなゲームが好きだったんで、ゲーム実況も事業としてやろうとなって、実際に行っています。そのメンバーがグログロくん、チロチロくん、ノブノブくん、そして僕がメガメガくんだったのでそこからメガくんになりました。
実は汚染品TVが先で、TIKTOKが後という流れです。

新たなプロダクトも?? 今後の活動について

今後書きたい絵はありますか?

MEGAくん:のびのびこんな感じでやっていきたいなと思っています(笑) また、自分のオリジナルも作品もだんだん増やしていきたいですね。

今後新しい取り組みなどは予定してますか?

MEGAくん:今は3つくらい新しいコンテンツを考えていますね。まだ秘密です(笑)

最後に、この記事を読んでる方々に一言お願いします。

MEGAくん:そしたら僕が大事にしてきたことを伝えます。 この時代だからこそ常識にとらわれずやりたいことをやって良いと思ってます。 日本にいたら何してても生きていけるし、皆さんにはやりたいことに執着してやってほしいです。僕のTikTokもそんなきっかけになってほしいと思って活動しています。
そして僕も皆さんにわくわくを届けていきたいです! 今自分を大事にしてくれる人を大切にして、コンテンツを作りたいですね。 自分はファンが一番好きなので(笑)

本日はありがとうございました。