CREATOR PICKS (クリエイターピックス)

YouTuber・アーティストを始めとする全てのジャンルのクリエイターの情報を発信するメディア

はじめしゃちょー、登録者数1000万人突破のヒカキンに向けて「一生ついていきます」

はじめしゃちょーさんがヒカキンさんがチャンネル登録者数1000万人突破したことに関して、お祝いの言葉を電話で送る動画を投稿しました。

チャンネル登録者数1000万人まで続ける耐久配信を9月11日に実施すると発表していたヒカキン。ところが登録者数の急激な増加により配信を急遽前倒し、10日昼より配信。そして開始からわずか10分で1000万人を突破しました。

1000万人突破は「歴史が動いた」

はじめしゃちょーは、

事務所の先輩であり、人生の先輩であり、YouTubeの先輩であるヒカキンさん

とヒカキンさんに向けて尊敬のメッセージを送りました。

また、「良きライバルでもありたい」としつつも「ヒカキンさんにはかなわない」といい、「抜かれたとか悔しい感情」ではなく、尊敬している人が目標達成しているのが、動画制作に費やすヒカキンの努力を知っているはじめしゃちょーだからこそ本当に嬉しいと言いました。

HikakinTVは今年4月に900万人を達成、それから5カ月で1000万人達成しています。
はじめしゃちょーは、ヒカキンの急激な登録者数増加に「早過ぎません?」「意味がわからない勢いで伸びていった」とコメント。
自身の登録者数が6月までヒカキンを上回っていたということもあってか、はじめしゃちょーの驚きは相当なものだったようです。

ヒカキン本人を電話で祝福

はじめしゃちょーがお祝いの電話をかけると、ヒカキンの第一声は「ありがとう」という感謝の言葉。はじめしゃちょーは、あらためて「チャンネル登録者数1000万人おめでとうございます!」とヒカキンに伝えました。
その後も何度も「ありがとう」とヒカキンさんは

はじめしゃちょーは「1000万人突破の率直な感想は?」と尋ね、ヒカキンが答えようとしたところで突然電話を切ってしまいます。
はじめしゃちょーはいたずらっぽく笑いつつ、「僕のチャンネルでは話すことではないので、本人の感想や今後のことはぜひ本人の口から!」とヒカキンへの配慮を見せました。

一生ヒカキンさんについていきます

はじめしゃちょーは、YouTube以外の仕事も持つヒカキンが、多忙な中でも登録者数を伸ばしたことを讃えます。
ヒカキンよりも登録者数が多かったときから尊敬していたといい、その気持ちは今後変わらないと断言。「俺も1000万人いきたいと思った1日だった」と語りました。
はじめしゃちょーは

ヒカキンさん1000万人本当におめでとうございます。俺は一生ヒカキンさんについていきます。謙虚さとか努力とかいろんな見習う部分があるんですが、まずは親分についていくようにチャンネル登録者数1000万人でヒカキンさんのあとを追いたいと思います。